日焼けによるシミを防ぐときに意識したい2つのポイント

見つけるとがっかりしてしまう肌トラブルのひとつにシミがありますね。シミはできてしまうときれいにすることが難しいため、できないように気をつけている方も少なくないでしょう。

 

日焼け止めは季節を問わず毎日使用する

 

シミの主な原因は紫外線であると言われているため、日焼け止めを使用することはマストなシミ対策といえる方法です。しかし夏など日差しがきつい季節には使用しているけれど、冬場などはあまり使っていないという方もいらっしゃることでしょう。
実は紫外線というのは太陽が存在している限り地球に降り注いでいます。そのため春夏は勿論、秋冬といった比較的日差しが柔らかく感じる季節にも塗る必要があります。さらに曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいるという事実だけでなく、窓ガラスなどもすり抜けてしまうという特性があるため、可能であれば毎日日焼け止めを使って予防する必要があるでしょう。
また、日焼け止めというのは汗などで流れてしまうこともあるため、こまめに塗り直すことが大切です。塗り直すタイミングが難しいのであれば飲む日焼け止めを活用したり、UVカット機能のあるファンデーションやフェイスパウダーを使用するなどもよいでしょう。日傘や防止、サングラスなどを併用するのもおすすめです。

 

うっかり日焼けをした際にはとにかく冷やす

 

気をつけていてもつい日焼けをしてしまうこともあるでしょう。
そのようなときにはまずとにかく冷やすことが大切です。冷やすことで肌のほてりを取ることができ、シミのもととなるメラニンの生成を抑えることができます。肌のほてりを取る際には冷水で冷やしたタオルを使うのも有効ですが、濡らしたタオルを密封袋に入れて冷蔵庫で冷やしておくとさらに冷たいタオルを作ることができるため、予め作っておくのも良いでしょう。顔のケアは美白コスメをライン使いしたり、化粧水をコットンやマスクに染み込ませるのもおすすめです。

 

日焼けを防止してシミも防ぐ

 

シミを防ぐためには日焼けを回避することが重要ですが、日焼けをしたら早めのケアをすればなかったことにすることも不可能ではありません。
毎日のケアを意識して、新たなシミを作らないように気をつけたいものですね。

このページの先頭へ戻る