すっぽんの魅力、若さを維持する方法

すっぽんの魅力、若さを維持する方法

 

 

すっぽんは滋養強壮への効果だけではなく、近年は美容への効果も指摘されています。

 

 

当サイトはすっぽんの魅力、若さを維持する方法をまとめていきます。

 

その起源は古く、3千〜4千年前から慕われていました。不老長寿の薬とも言われ、世界三大美女の一人である中国の楊貴妃もすっぽんを食べていたとされています。また、中華料理では漢方薬として認められており、鯉の生き血に並んで有名です。アジアだけではなく、ヨーロッパやアメリカでも親しまれています。

 

 

若さ

 

 

効果は上記の通り、疲労回復と美容が有名です。まず、良質な天然コラーゲンが含まれるのです。甲羅の淵に固まりで付着しており、量だけではなく質も高く、吸収性が良いという特徴を持ちます。また、アミノ酸をたっぷりと含んでいます。アミノ酸は体内でコラーゲンを作り出す働きがあるため、すっぽんを食するということは単純にコラーゲンを摂取するだけではなく、体内でのコラーゲン作成を手伝ってくれるアミノ酸をもたっぷり摂取できるということなのです。さらに、ビタミンやミネラルも多く含まれています。ビタミンB群やビタミンEが含まれ、さらには牛乳の10倍の量のカルシウム、鉄やミネラルも豊富に含まれています。これらは肉体的・精神的な疲労からの回復を助けてくれるのです。そして、低カロリー高たんぱくという点も重要です。

 

 

スッポンは2億年前から地球に存在し、100年の寿命を誇り、水だけでも1年は生きられるという驚異の生存力を誇ります。これらは滋養強壮、あるいは強制剤として愛される元となっています。滋養強壮と言う点から男性に慕われているイメージもありますが、実際は血液をサラサラにし、悪玉コレステロールを減らし、糖尿病や高血圧、動脈硬化にも効果があるとされているため、老若男女問わず摂取することができます。不眠症を改善し、ストレスを軽減し、生活習慣病を改善させる働きもあります。さらに代謝を整える働きもあるため、ダイエットにもお勧めなのです。すっぽんは100g197kcalと非常にヘルシーなのです。また、すっぽんは甲羅や頭、脂肪や肉、血や卵など、それぞれの部位がそれぞれ違った効能を持ち合わせているため、非常にオールマイティとも言えます。

 

 

すっぽんは食品であるため、副作用は一切ありません。また、薬と併用しても問題はありませんし、妊娠中や授乳中でも問題はありません。カルシウムや亜鉛もたっぷり含まれており、また、産後の体調不良を改善させることもできます。そのため、むしろ妊婦さんや赤ちゃんを持つお母さん方にもお勧めと言えます。

 

 

若々しい肌を保つための第一歩

 

 

いつまでも肌を若々しく保っていたいという願望は誰しも持ち合わせているものです。

 

 

それは女性に限らず、最近ではほとんどの男性にも存在している願いでしょう。また、肌が実際に衰えて出してから意識する人だけでなく、将来への漠然とした不安から肌のハリやツヤを守り続けたいと考える若い人も増えています。しかし肌を守る、あるいは傷んできた肌の潤いを取り戻すための方法というものは、広く知られているようで実は意外と見落とされている部分も多いのです。

 

 

若々しい肌を保つための第一歩は、まずはスキンケアの基本を改めて見直すことから始まると言っていいでしょう。そのうえでまず大前提として認識しておくべきは、肌は年齢によってのみ劣化していくわけではないという点です。そんなことは当たり前ではないかと軽い認識だけで済ませていると、いざ肌の劣化を目の当たりにした際に、これは老化なのだから仕方がない、誰にでも起こるものなのだから止めようがないとすぐに諦めてしまいます。本当は老化以外の原因で肌が荒れているだけなのに、そのような間違った認識で肌を放置し続ければ若々しい肌を保つなどできるはずがありません。

 

 

まずは肌荒れには必ず原因があり、それは多くの場合において予防や対処が可能なものであるという意識を常に持っておくことが肝心です。では具体的に、肌を劣化させる要因にはどんなものがあるのでしょう。一つ一つの要因を検証していくのは大変ですが、それらは大きく分ければ外部要因と内部要因に整理できます。外部要因には定番である日光による紫外線被害だけでなく、水や空気の影響、あるいは衣服の着擦れや化学繊維のアレルギーなど様々なものが考えられます。

 

 

内部要因にも睡眠不足やストレスといったものから、内臓系の疾患が肌に影響を及ぼしているケースまで多くの可能性が存在しています。心当たりがあるものだけをチェックするだけでなく、総当たり式にチェックをかけていくと思わぬ原因が判明することもあるので注意しましょう。肌を若く保つための努力は結果的に体全体を健康に保つことに繋がるのです。

 

 

すっぽん小町